応募・申し込み

平成28年度(2016年度)
第23回ヘルスリサーチフォーラム 一般演題募集

医療・介護・福祉のパラダイムシフト

当財団は1992年に創立され、以後、本邦におけるヘルスリサーチの振興に努めてまいりました。
その最も大きな事業活動である研究費助成に関しては、毎年、その成果の発表の場であるヘルスリサーチフォーラムを開催し、各方面から高い評価をいただいております。本年のフォーラムは第23 回の開催となり、「医療・介護・福祉のパラダイムシフト」とのテーマで実施いたします。
フォーラムでは、例年、当財団から研究費助成を受けられた研究者の成果発表のみならず、公募による皆様からの自由演題の発表もいただいており、今年も下記の通り自由演題を公募いたします。
近年の保健医療・福祉分野に山積する様々な課題は、わが国に大きな変化と新たな仕組みづくりを求めています。その探求は、単に医学だけでなく多元的な学問の方法論によることが不可避であり、医学、経済学、法学、社会学等の広範な分野の連携で行われる「ヘルスリサーチ」が最も有力な研究ツールとして、その重要性をますます増しています。こうした「ヘルスリサーチ」のご研究で、日本の医療への新しい提案や問題解決に結びつく、熱意溢れるご発表を歓迎します。

理事長 島谷 克義


日時 平成28年12月3日(土)
会場 千代田放送会館(東京都千代田区紀尾井町)
研究内容 制度・政策、医療経済、保健医療の評価、保健医療サービス、保健医療資源の開発、医療哲学等のヘルスリサーチの研究
応募方法 次項の所定の応募書式に必要事項をパソコン入力の上、当財団事務局へファックス、或いは郵便でお送り頂くと同時に、E-mail(hr.zaidan@health-research.or.jp)にWord ファイルを添付して当財団メールアドレスへお送り下さい。
応募書ファイル
発表 選考委員会で採否を決定し、10月下旬頃に連絡します。
採用の場合は第23回ヘルスリサーチフォーラム(平成28年12月3日(土)/於:千代田放送会館(東京都千代田区紀尾井町)にて15分程度(含むQ&A)、ホールセッションまたはポスターセッションで発表していただきます。詳細は採否の連絡後、お知らせ致します。
発表演題の機関誌等への掲載 フォーラムで発表された研究内容は、財団の機関誌等へ掲載致します。 また、第23回ヘルスリサーチフォーラム講演録としてまとめ、配布致します。
演題発表のための交通費および宿泊費について 演題が採択された場合、首都圏以外(但し海外を除く)の一般演題発表者(発表者本人のみ)には、フォーラム開催都市までの往復交通費および宿泊費(1泊分)を財団の規定により支給致します。

演題応募受付期間

平成28年4月1日(金)~ 6月30日(木)(当日消印有効)

採否決定 平成28年10月下旬